「ラマダン(=断食)とコロナ感染爆発の懸念」って福岡おいしいものハック、ファスティングおすすめして大丈夫?

今朝、NHKのニュースで「異例のラマダン始まる モスクでの礼拝禁止 新型コロナで」というニュースが報道されていました。

ちょうどファスティングを一緒にしてくださってるタイミングとかぶってしまったので不安がよぎった人も少なくないのではないのでしょうかは?

結構、誤解されそうだなと思って簡単なレポートを書きましたので、安心というか冷静になってくれたら嬉しいです。

ラマダンとは?

ラマダンの特徴としては

  • イスラム教で日が出ている間断食する約1か月の期間
  • 夜は食べてok
  • 日中の水はokだったりNGだったり
  • モスクでの礼拝に人が集まる
  • 期間中は貧しい人に無料で食事を振舞われ大勢で食べる
  • ラマダン前には買いだめするので街に人が溢れる
  • ラマダンが終わった後は激しめの祭り状態

というような特徴があり、断続的な断食の効果を研究している論文にはこの“ラマダン”が研究の対象とした物も多く登場します。→【参考】人間の健康と幸福のためのラマダン断食の意味

また、日本で大学の中にエジプトやスーダンからの留学生と触れたことがある人には“ラマダン”という単語は知っている人はいますが、この三密万歳のイメージはそっくり抜けて落ちているいるのではないでしょうか?

”ラマダン”でGoogle先生で画像検索してもらうと一発でラマダンのノリが分かると思います。

ラマダンとコロナ感染爆発の懸念の原因は?

つまり、ラマダン中は現地では“三密・万歳”みたいな状況になるわけですね。そして、コロナの感染爆発のトリガーになりうるのは断食というよりはこの“三密”状態の方です。これはNHKの記事も注意深く読んでもらうと分かると思います。

でも、油断は禁物

免疫力について勉強をされた人は分かると思うのですが、免疫力にはいろいろなファクターがあり単純には評価しにくいです。腸を休めて、毒を摂らないで代謝系を温存する、体の炎症が減るのは期待できるのですが、こと“体温”という側面ではファスティング中体温が下がるので免疫力についてプラスであるとはいえないと思います。もちろん、ファスティング後は体温はもとに戻るもしくは代謝系が整って体温が上がる事は考えられます。

その為、ファスティング中は

  1. 温かくする。
  2. 水を飲む。
  3. キチンと睡眠をとる。
  4. できれば無理のない運動をする。
  5. 手が冷たくてしんどいでしょうけど、1日中での定期的な手洗いを徹底。

というのを激烈にオススメします。というかファスティングというのはこの4つを含めたものだと思います。

まとめ

肥満と免疫力の低下がコロナにかかる人の条件というのが色々情報を集める中で分かったのでファスティングをオススメしたのですが、偶然のカウンターを受けてしまって不安に思った人もいらっしゃると思ったのでフォローでした。

加えていきなりグルメのツイッターで「ファスティングしませんか?」みたいな掛け声に反応してくださってありがとうございます。本当にうれしかったです。

ファスティング3日目終了という事できゃりーぱみゅぱみゅさんと同じ期間のファスティングチャレンジ終了ですね。十分に①腸を休めて②毒を摂らないで代謝系を温存する③体の炎症が減るというメリットは得られたと思います。

私は一応、7日間やるつもりですのでここでやめる人、小休止する人、リトライする人、ここからチャレンジする人、エンタメ的に見てくれている人など色々いらっしゃると思いますが、ここでのファスティングは変化を実感できるメリットが多そうな遊びなので一緒に楽しんでくれると嬉しいです。