ファストフードで体質が2日で“デブ体質”に。そしてメンタルも無事終わる。

“双子の遺伝子”という本で有名なティムスペクター博士は5000人の双子の腸内細菌を調べた腸内細菌のエキスパート。この博士が出した「ダイエットの神話」という本の中身を中心にご紹介。

ジャンク/ファストフードは腸内環境を悪化させる可能性が高い

博士の23歳の息子に頼んで“10日間マックだけを食べる”という実験をしてもらったところ次のような事が起こった様子。

  • 3日で気分が悪くなった。
  • 2日で1400種類の腸内細菌が死滅。
  • 腸内のヤセ菌が減り、デブ菌が激増。

もし1か月マックを食べると。。

これは有名な映画“スーパーサイズ・ミー”という映画を見ればok。

この映画は少し煽り気味なのですが30日後、作者の身体には次のような異変が。。

・体重は11kg増加。
・脂肪肝。
・体脂肪率は7%上昇。
・心臓病リスク2倍。
・心不全リスク2倍。
・気分は絶えずスッキリせず、疲労感。
・メンタルは情緒不安定。

まとめ

ファストフード漬けになるとデブ体質になってメンタルも落ち込みやすくなります。反対に腸内環境を回復させるには“ポリフェノール系”がいいみたいです。是非参考に。