福岡のHONEY珈琲さんに見る行動の量と珈琲のクオリティ~編集後記~

福ビルが改装されるにあたって

何かできる事はないかと取材をさせていただいた“HONEY珈琲”さん

味やオーナーさんにお話をお聞きしていましてその内容をシェアできたらと思って記事を書いてます。

・今やりたい事がない人。

・一歩目に何をしたらいいか分からない人。

・周りのスケール感に自分に対する自信が持てない人。

こんな人に読んでもらえれば無茶苦茶嬉しいですし、おこがましいながら元気になっていただけるのではないかと考えております。

HONEY珈琲はどんなお店?

福岡ではおそらく知らない人はいないと思われるスペシャルティーコーヒーのお店。

質の高い珈琲豆をフレンチプレスで抽出されています。

味のごまかしがきかない淹れ方でして

個人的には

「お茶の玉露」

のような香り高さを感じます。

味もさることながら店内の香りこれも是非チェック。ナッツのような香ばしさと甘さ、香りフェチの人にはたまらないと思います。

またコーヒーへの熱い思いは受け継がれていて、オーナーさんの息子さんはアジア人初のワールドバリスタチャンピオンでマックの珈琲の監修もされています。まさにマックの珈琲が美味しくなった立役者♪

【参照】http://hidenori-izaki.com/

HONEY珈琲が出来るまで

今では福岡で有名なコーヒーショップですが、実はオーナーさんずっとコーヒーに携わっておられたのではないんです。

  • 最初は塾の経営をされていたところからというビジネスのスタートをされたオーナーさん。
  • その後に前のオーナーさんがもうやらないからと、珈琲ショップを譲ってもらわれた所からコーヒーの道へ。
  • 珈琲の研究をしながら依然のスターバックさんのスペシャルティ珈琲の味に感動され、スペシャルティーコーヒー情報を求め北海道の珈琲の研究会に参加。
  • そこから人づてに海外との販路を拡大されたとのことです。

…何たる行動力と前に物事を進めていくグリップ力!!

この話を本社の現地から仕入れられた珈琲の麻袋と

見たこともないくらい大きな機械をバックに

豆のいいにおいに包まれながら、惜しみなく経験した事を教えていただき感動させてもらったのを覚えています。

本当に気さくな人ですべての質問に答えていただきました。

オーナーさんのお客さんへ珈琲の思い

おそらくとんでもない努力をされて、少なくないお金とスタッフさんをお雇いになられていると思います。

そのオーナーさんに

「どんな思いでお客さんに飲んでほしいですか?」

という質問をしたところ

「毎日がちょっといいものになってくれたらいい」

と、当たり前の事を言われるように教えてくれました。

“このちょっと”の為にこんなにも全力で取り組んでらっしゃるというのが本当に驚き。

HONEY珈琲の味はこの押し付けのないオーナーの人柄がそのまま味になってるのだと感じます。

自分がお客さんの反応をみながら味を深めていった夢中の結晶をこんなにさらっと出せるなんて本当に素晴らしい。

福岡おいしいものハックの読者の方へのちょっとしたアドバイス

福ビルのお店が本を自由に読めるお店でしたので、オーナーさんに

「勉強をするにはどんな事がオススメですか?」

という質問をした所。

感性を養ってほしい。夏目漱石、樋口一葉、時間のジャッチを経てもまだ必要とされる古典を読んで今から見る物をあなたのレンズで解釈していってみてください。

という趣旨の事を控えめに押し付けなくアドバイスいただきました。

本当にハニー珈琲のコーヒーと同じで繊細かつ優しい人でした。

まとめ

最後にこの記事をまとめた理由について書かせて頂きます。

・honey珈琲さんが個人の奮闘によってここまでのポジションをとっているという事。

・今のhoney珈琲さんがオーナーさんが夢中で目の前の事をやられた末に出来ていった事。

この2つに感銘を受けたからです。

もしあなたが今

・目標が大きすぎて一歩目が踏み出せない時

・今の行動がなにに繋がっているか分からない時

には、きっとHONEY珈琲さんのストーリーに勇気づけられるのではないかと思います。

この記事が少しでもあなたの為になったら本当に嬉しいです。