太宰府天満宮にあるカップルでいくと別れちゃう場所。そこでさらにラブラブになる方法

スピリチュアルなネタで恐縮です。地方地方によくある破局伝説。

福岡ではここ“大宰府天満宮”もその破局スポットのうちの一つに数えられます。

この記事では

①どこがそのスポットなのか?

②そのスポットを避ける方法はないのか?

③このスポットを逆手にとってもっとラブラブになる方法

の3つが分かる記事になっています。是非ご参考に!

大宰府天満宮全体が破局スポットなの?

  【参考画像】グーグルマップ

地元の人でも誤解している人がいるのですが

これは違います。

天満宮の中でも破局スポットは一部の場所なんです。

それは…

太宰府天満宮の破局スポットは?

大宰府天満宮にかかる大きな橋太鼓橋別名“縁切り橋”

これがカップルが二人で渡ると必ずわたると危ない橋なんです。

縁切り橋が縁切り橋である理由

これには諸説あるのですが1番多く聞かれるのが

太鼓橋の架かる池の中に浮島があるのですがそこに住む神様の原因のよう。

その神様は女性で独身。

その為、橋をキャキャしてるカップルがいると呪いをかけるというなんとも神様の個人的な理由で破局させられるという事。

福岡の女性、おぞましいですね(笑)

縁切りの効果の避け方はないの?

「縁は切られたくないけど、賢さは手に入れたい」

という最もな一石二鳥な意見があります。

それは。。

。。

太鼓橋を渡らない。

という神様も真っ青な方法があります。

境内には橋を渡らないで済む遠回りの方法があり、そこを行って神社に入れば無問題です。

ちなみに鳥居をくぐって神社に向かっての左その道になりますね。

縁切り橋を使ってさらにラブラブになってしまう方法

神様も携帯の画面から呪いを飛ばしてきてしまいそうな恐ろしい方法になりますが、これは実際にあった話であり方法というよりは気遣いみたいな話。

それはこの縁切りの話を相手に話して

「別れたくないから遠回りでいこ?」

というだけ。

それだけ。

もうその一言だけ。

。。。

どうぞ。

実際に境内でそういっているカップルも

ちらほらいましたし、友達にこれを教えた所なんだか

仲が進展してして帰ってしました。

「毒もうまく使えば薬になる」

ということですね。

まとめ

・天満宮の中央の橋には要注意。

・縁切りを避けるためには左側から“遠回り”。

・呪いも使いよう。

ということでしたね。

学問の神様の藤原道真公のイメージが強いので知らない人も多いみたいですが

人間味あふれる女性の神様の気持ちも分かるので上手に共存してみてくださいね。

また、私の高校の先生は遠回りしたみたいですが

パートナーの人とお別れしてしまいましたね。

迷信も大事だけれども、大事な事は他にもあるという事ですね(笑)